<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 保険に入る | main | バイオミミックリー(biomimicry) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
怪しさの潜む便利
それはそういうものであり仕方ないのだと諦めているところに新サービス開発の余地があるとはよく言われることですが、この逆があるなあ、とつくづく感じます。つまり「それは普通、こういう便利なツールを使うことでラクに処理できるよ」というものの中に相当怪しいものがある、ということです。怪しさの基準は「膨大な時間を使うかコストを費やすにもかかわらず多くの人があたりまえのように受けれているもの」です。例えば、テレビ、新聞、雑誌、自動車、マンション(の購入)、インスタントメッセンジャー(笑)、SNS、冠婚葬祭、スポーツ、保険、健康器具、プラスチック製品、貴金属.................逆に怪しさを感じないものとしては、旅行、宴会、書籍、紙製品、写真、自転車、電話、音楽、赤外線.................うーむ(笑)
| - | 22:26 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:26 | - | - |
共通点は「既得権益」かな?
「プラスチック製品」と「赤外線」はよく分かりませんが。
| hoshi | 2005/01/04 11:08 PM |
共通点は「既得権益」かな?
「プラスチック製品」と「赤外線」はよく分かりませんが。
| hoshi | 2005/01/04 11:10 PM |
うーむ。なんでしょうねえ。単純になくなると困るものと我慢できるものの差でしょうかねえ。
| takeda | 2005/01/06 12:48 AM |









http://takeda.jugem.cc/trackback/135