<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長くて短い夜 | main | 反面教師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
姑息な手段
こ・そく【姑息】とは広辞苑によれば、その場のがれ、一時の間に合わせ(一時の待ち合わせじゃないよ)なのですが、いいじゃないですかその場のがれ。姑息な手段で回避できるのであれば、それが実は正しい方法ではないでしょうか。というのも姑息な手段は比較的低コストで、スピーディに導入できて実効性が高いことが多いからです。姑息な手段をパッと思いつく人って「頭いいなあ」って素直に感心します。大義名分まで立ち戻る姿は議論としては美しいのですが、ものすごく大きな活性化エネルギーを必要とし、時間的な見通しも立ちにくい。つまり約束できなくなる。結果として何も変わらない。

「約束」というのはその場しのぎの姑息な手段の代表ではないかと思います。数十年も先の約束なんて、どう考えたって誰も信用していないでしょ?「10年後にはキミと結婚するつもりだっ」と言われてあなたそれ信じますか。結婚するつもりがあるならさっさとしてくれよ、と思いますよね。この場合、「さっさと」が信用できる時間的な範囲ってことです。「じゃ明日の10時に」とか「じゃ、また来週」あたりまでは「ま、大丈夫だろう」と思いますが、「来月末までになんとか」となるともはや相当怪しいのはみなさんご承知の通り(笑)
| - | 04:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:06 | - | - |









http://takeda.jugem.cc/trackback/122